【エグゼクティブバンク:ExecutiveBank】人材紹介事業会社

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-24-1 瀧澤ビル203

080-7466-8865
営業時間
9:00〜12:00/13:00〜19:00
休日
土日/祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

発想思考と論理思考で現代社会を生き残る方

「〇〇君はどう思う?」このフレーズにドキッとしたことはありませんか?

ちゃんと内容を聞いていたのに頭の中で整理できていないので、会議に参加できない方が多い現代社会で物事を発想思考と論理思考を持ち合わすことで生き残るだけはなく、活躍できる人材になります。

今回はそのような人材になるための方法をご紹介します。

 

本コラムに関して

1.発想思考と論理思考とは

2.発想思考

3.論理思考

4.おすすめ書籍

5.まとめ

 
 

1:発想思考と論理思考とは

この世には、物事を考える思考方法として2つのパターンがあります、それが発想思考と論理思考です。発想思考とは誰もが思いつかないアイデアや飛び抜けたアイデアを最後に1つ出すこと思考です。論理思考とは手堅く徐々に広げてアイデアを絞る思考のことです。つまり発想思考はどんどんアイデアを出していき絞るのに対して論理思考は徐々にアイデアを出して絞り込むをする思考です。この思考方法を私生活だけではなくビジネスで扱えると周りから一目置かれる存在になれます。

2:発想思考

発想思考を行うにはまず様々なアイデアを最初から思いつかなければなりません。しかしそれは毎回できるものではありません。そこで紹介するのは強制的にアイデアを出すオズボーンの73の質問をお伝えします。これは様々な物事を9つのカテゴリーで考えます(転用できないか?応用できないか?変更できないか?拡大できないか?縮小できないか?代用できないか?置換できないか?逆転できないか?結合できないか?)。テーマを最初から決め、そのことについてオズボーンの73の質問に答えるだけで強制的にアイデアを出すことができます。

 

オズボーンのの73の質問

https://diamond.jp/articles/-/23805?page=5

 

3:論理思考

論理的思考をするにはまず紙に書き出すことから始まります。そして常に全体図を見ながらアイデアを出します。有名はSWOTはアイデアを出すツールではなく物事を正しく整理するためのでが、今回ご紹介するのはSWOTを使ったTOWSマトリクスです。TOWSとは簡単に言いますと、S(Strongness) W (Weekness ) O (Oppotunities) T(Threats)を書き出して組み合わせてアイデアを絞っていく方法です。例えば、S×O=自社の強み、W×O=弱点強化、W×T=防衛/撤退、S×T=他社にとっては脅威だが自社にとっては強みなので差別化のアイデアが生まれます。くみあわせだけで48組あるのでアイデアが出て来やすく、絞りやすくなります。

4:おすすめ書籍

上記以外の思考方法や物事の考え方が書いてある書籍をご紹介させていただきます。

書籍名:全思考法カタログ 

著者:三谷 宏治  (著)

出版社:ディスカバー・トゥエンティワン

この本では20個の思考方法をわかりやく1つ1つ事例を出し、図で説明してくれるため大変わかりやすくなっております。

 

 
書籍名:現場から創る社会学理論 思考と方法 

著者:鳥越 皓之  (著)

出版社:ミネルヴァ書房

標準的調査法を学んだあと、独自の調査に基づいた観察事実をどう理論化できるのか。また、そこでの工夫とは何か。様々な場面で活躍する研究者が、長年の調査体験からの理論形成の秘訣を明らかにして紹介してくれます。

 
書籍名:一流の人に学ぶ「思考を現実」にする方法 

著者:ヴィック・ジョンソン  (著)

出版社:かんき出版

 


一流の人たちが実行している成功の秘訣(思考方法やそれを実践する方法)をわかりやすく書かれており、成功のきっかけをつかむことができます。あとはそれをもとに行動を起こすことができれば成功に近づくことができます。

 

書籍名:ピンチに強い脳の鍛え方 マイナス思考を断ち切る方法 

著者:岩崎一郎  (著)

出版社:廣済堂出版


どんなに辛い事もはねのけて生き抜ける人と挫折してしまう人の違いは、レジリエンス、逆境を乗り越える力にあります。この本では逆境力を鍛える秘訣を、最新の脳科学の視点から解説してくれ、厳しい状況で生きる現代人必須の本です。

 

5:まとめ

ご紹介した方法を実際に手で書き出していくのはもちろんのことですが、なれて来たら頭の中で紙と鉛筆を用意するして頭の中で処理できるようになれば常に会議中に意見を求められても対応をできるだけではなく質のいい案を提供して周りから一目置かれるような存在になることができます。他にも思考方法はありますので是非調べて見てください。

お電話でのご予約・お問合せ

080-7466-8865

受付時間 9:30〜18:30
●定休日 土・日・祝日

お問合せ・ご予約

080-7466-8865

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

080-7466-8865
住所

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-24-1 瀧澤ビル203

受付時間

9:30〜19:00

定休日

土・日・祝日