【エグゼクティブバンク:ExecutiveBank】人材紹介事業会社

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-24-1 瀧澤ビル203

080-7466-8865
営業時間
9:00〜12:00/13:00〜19:00
休日
土日/祝日

ご予約・お問い合わせはこちらへ

最前線のアイデアマンになる方法
 

現代の日本人は物事を進める時や決める時にやり方のHOWばかりを求めて何をするべきかWHATの部分を考えていません。そんな単純なことに多くの日本人は気がついていません。解決策は先にWHATの部分を考えるだけでいいんです。そうすれば自ずとアイデアが出てきます。今回はよりアイデアが出るような過ごし方や考え方をご紹介します。

本コラムに関して

1. 常に考えろ

2.こだわりを捨てよ

3.世の中を自分の舞台に上げろ

4.おすすめ書籍

5.まとめ

 
 

1.常に考えろ
 

「常に考えていけばアイデアが出てくる」これは誰もが思っていることのはずです。ですが実際何をどうやって考えればいいのかわかっている人は多くありません。「常に考えろ」とは常に眼に映る物事に対して「素晴らしい」と思うのではなく「自分だったらこうするのに」と改善点を考えることです。一度考えると頭の中に蓄積されて行き自ずとアイデアマンになるのです。

 

 

2.こだわりを捨てよ
 

物事にこだわりを持つことが頭を硬くさせアイデアが出てきにくくなります。こだわりを持つことが美学とされている日本ではこのことに気がついている人は数少ないです。こだわりを持たない=軸がない。という意味ではないです。こだわりを捨てる=周りの常識にとらわれず新しいものを生産する。軸をもつ=生産性の方程式を持つ。ということです。こだわりを捨てない限りは常に視野が狭まってチャンスを逃してしまいます。しっかり自分の軸を持って視野を広げましょう。

 

3.世の中を自分の舞台に上げろ
 

自分の舞台に人々を巻き込めるほど効率のいい仕事はありません。その巻き込み方をご紹介します。そもそも「自分の舞台に上げる」とはどのような意味なのかご存知ですか?それは世の中に「〇〇をしなければならない!」という考えを広げていくことです。そうすれば自ずと賛同してくれる方が付いてきます。そのためにはまず軸を作る必要があります。つまり自分の方程式で生きることです。簡単にいうと誰に何を言われても絶対に崩れない「軸」を作り生きていくことです。

4.おすすめ書籍
 

書籍名:着眼発想の科学

著者:梅澤 忠雄(著)

出版社: 大和出版

 

幕張メッセなどの都市開発を担当した梅澤氏が書いた本です。この本にはこだわりや常識を持たないことの大切さや読まないと気がつかない物事の着眼点がが書かれています。 
 

書籍名:アイデアのつくり方
 

著者:竹内 均 (著)

出版社:CCCメディアハウス

 

アマゾン選定、これだけは読んでおきたいオールタイムベストビジネス書100にも入っている本で名前の通りアイデアのつくり方が書かれています。1940年から不動の名本とされています。

 

 

書籍名:アイデアのヒント

著者:ジャック フォスター(著)

出版社: CCCメディアハウス

ひらめきにはコツがあります。 仕事の現場に即した、アイデアを生み出すための「ハウツー」を分かりやすく、順序立てて解説してくれるのでより実践的なアイデアをご紹介してくれる本で大変おすすめです。
 

書籍名:アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編
 

著者:加藤 昌治 (著)

出版社: CCCメディアハウス

 

この本ではアイデアが湧き出すアタマとカラダのつくり方を紹介しておりあなたの発想力のサポーターになります。本書収録の48項目を実践すれば、「アイデア体質」に生まれ変わること間違い無いです。

 

 

5.まとめ

 

高度経済成長期ではみんなと同じであることが求められており、それが良しとされていました。しかし現代では常識を常に破り続けクリエイティブになることが求められています。そのためにはただ常識を破るのではなく自分の「軸」を持って常識を破り他が考えないことを考えることが重要です。そのためには常の私生活でも考えて考え抜く一個人である必要があります。

 
 

 

お電話でのご予約・お問合せ

080-7466-8865

受付時間 9:30〜18:30
●定休日 土・日・祝日

お問合せ・ご予約

080-7466-8865

ご予約はお電話・メールにて受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

アクセス・受付時間

ご予約・お問合せはこちら

080-7466-8865
住所

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-24-1 瀧澤ビル203

受付時間

9:30〜19:00

定休日

土・日・祝日